サラリーマン以外の選択肢も最近は多くなりました

昔は仕事というとサラリーマンとして企業で働くのが普通でしたが、現在はサラリーマンだけでなく、フリーランスとして自分で事業を起こしたり、個人で起業と契約して収入を得ているケースが増えているようです。
個人事業主として働くのは最初は大変かもしれませんが、慣れてくると安定した収入を得ることも可能ですし、ある程度時間を自由に使えるメリットがありますので、どちらが自分に合っているのかじっくり検討して判断してください。
フリーランスに関する情報をまとめたサイトもインターネット上に登場していますし、クライアントとフリーランスとして働く方を繋いでくれるクラウドソーシングサービスも増えていますので、上手く活用して収入を得る方法を早めに確立するのがベストです。
特にWeb関連の仕事に関しては個人でも十分やっていける可能性がありますので、プログラマーやデザイナーの方は独立して仕事をするスタイルを前向きに検討してください。